YUSUKE HOLY!!

∞: 氣になる私の木になる世界 :∞

羽生結弦、怪我でも世界選手権2位の実力。怪我の原因とは?

      2016/04/27

フィギュアスケートMemorial 世界選手権2016

2016年3月28日(月)~4月3日(日)に「世界フィギュアスケート選手権2016(ワールド2016)」の試合が開催されました。このフィギュアスケートの世界選手権は年間トップを決める大会です。

この大会で羽生結弦選手はフリーで逆転を許し、2年連続の2位に終わったが、合計330・43点の世界最高記録を樹立した今季を振り返り「難度をどんどん高くしてきたことを誇りに思っている。現在、世界記録を持っている人間として、より新しい扉を開けるような存在になれたらと思う」と語りました。

実はこの時羽生選手は左足甲を痛めて居た事がわかりました。

その怪我の具合と原因を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク

羽生結弦選手の左足甲を痛めた原因は?

羽生選手の左足甲を痛めた状態で今季最後の世界選手権を戦ってました。その怪我は靱帯損傷だったそうです。原因は今季フリープログラム後半に入れた4回転トウループによる消耗を要因の一つに挙げました。

左足甲は年明けに悪化し、一時は踏み切りの際に左足つま先で氷を蹴るトウループを跳べなくなるほど悪化していたそうです。体力を奪われた後半に跳ぶ4回転は負担も大きく「前半なら筋肉を使って跳べていたが、(後半に跳ぶことで)骨格や靱帯や腱(けん)に衝撃がいくようになってきた。原因は練習の仕方にあったと思う」と分析。今大会は後半のトウループをサルコーに変えて大会に挑んでいました。

怪我の具合が心配ですが、この様な状態でも世界2位の実力には驚きですね。今季世界記録を樹立したりと、活躍の背景には日々の練習を怠らない事が大切の様です。

羽生結弦選手の今後の予定は?来期への意気込み!

今後の羽生選手は拠点を置くカナダのトロントで治療を受けるそうです。先ずは怪我の治療を最優先して欲しいと願います。折角の才能も怪我で力を発揮出来ないのは見ている側も辛いものが有りますから。

そして「毎日毎日全力でやるだけじゃだめ」と練習方法を見直して、体への負担を軽減する事を目指すそうです。

また、来季はショート、フリーともにプログラムの一新を明言しました。どんなプログラムになるのか楽しみですね!来季に向けた意気込みは、「世界記録を持っている人間として、新しい扉を開けるような存在になりたい」。と力強いコメントもありました。

更なる飛躍をお祈り致します。

読んで頂き、本当にありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ。

2016年4月27日に書いた記事です。

重たい物は届けてもらおう!
<Amazonベストセラーのお酒>

 - きになる話題 , , , , ,