YUSUKE HOLY!!

∞: 氣になる私の木になる世界 :∞

終戦日に中国の上海で怖い思いをした。

   

Chinese Posters

1945年8月15日

今から71年前に第二次世界大戦が終戦し、日本では終戦記念日とされています。

沖縄の基地問題や中国・韓国との領土問題などを見ると本当に戦争は終ったのか疑問に感じますが、現在の日本ではこの日に戦争が終ったとされています。

海外に出る事や海外で暮らす事が多い私は至る所で戦争の名残を感じますし、日本は敗戦国であると言う現実を戦後71年たった今でも突きつけられる事があります。

今回は終戦日に中国の上海を訪れたので、その時の上海の様子をお伝えします。

スポンサードリンク

安倍首相の全国戦没者追悼式の式辞のおかげで中国で怖い思いをした。。

終戦日には日本の首相が全国戦没者追悼式にて式辞を述べられます。

毎年の事で、ある程度テンプレート的になっていると私は感じますし、それに対する各国の反応も毎年決まった物だと思っています。

今年も例外無く安倍首相の式辞に対して中国はこんな反応をしめしています。

中国報道、安倍首相に不満「反省と加害に言及せず」 「天皇と首相に大きな相違」とも

中国国営新華社通信は15日、安倍晋三首相が自民党総裁として靖国神社に玉串料を奉納したことについて、「軍国主義を復活しようという野心は明らかだ」とする論評記事を配信した。「参拝も奉納も、その実質は侵略戦争の肯定と加害責任の否定、戦争の元凶を英雄として信仰する価値観の宣伝だ」としている。

 全国戦没者追悼式の式辞でも、安倍首相が4年連続で反省と加害について言及しなかったとして「昨年発表した戦後70年談話の『不戦の誓い』は見せかけに過ぎなかった」と決めつけた。(北京 西見由章)

国営メディアの反応ですから、政府の意見とも取れます。要は完全に反日思想です。

普段国内に居るとこの手のニュースは聞き流すだけなのですが、実際に中国に行くとなると色々勘ぐってしまいます。

そんな中上海に入り地下鉄に乗ると、車内には広告等を映し出すモニターがありました。
そのモニターを暫く見ていると、本日のニュースTOP5がやっていました。この日のトップニュースは勿論安倍首相の式辞です。

私は中国語を理解出来ないので詳しい内容までは分かりませんが、映像は首相の式辞を読み上げる姿に続き、戦争当時日本軍が攻め入っている様子を映し出していました。しかも首相の映像よりも日本軍の映像の方が長い尺を取っていました。

その映像を見た瞬間、とっさに顔にさりげなく手を当て日本人とばれない様にしていました。

その後、夕食を取りにレストランに入店するとドラマが放送されていました。

中国人はとにかくドラマをよく見ます。店のモニターには殆どの確率でドラマを流していますし、移動中にスマホでドラマを見ている人も結構います。

終戦日、そのレストランで放送されていたドラマの内容が、日本軍に捕虜になった中国兵士が脱出を試みるという内容でした。

怖いですね。メディアの洗脳でしょうか??
恐怖のあまり一刻も早くその場から立ち去りたい氣持ちで一杯でした。

終戦日の上海の一般庶民の反応は??

終戦日、反日感情高ぶる中国、上海。私がいたのは人民広場。

人民広場だなんて響きからして怖い。しかも兵隊の銅像があちらこちらに。最近はテロやデモと世界情勢も不安定。遠くではスピーカーを使って何やら声を高らかにしているしている人の姿が!?

最悪の条件が揃った。。。

エドヴァルド ムンク 叫び ウォールポスター

と思いきや、上海市内はいたって平和。とにかく平和。平和。平和。平和。

人民広場も元競馬場と言うだけで軍事的な意味は無さそうだし、声を高らかにしていたのは青空ならぬ星空カラオケでした。
なんとも氣持ち良さそうにビジネスマンが歌っています。きっと飲んだ帰りなのでしょう!

辺には高層ビルや高級ホテルが立ち並ぶ中、フェラーリが爆音を上げて走り去り。信号待ちするレンジローバーば音楽をガンガンにかけた若者達が楽しそうにしています。

ふと横を見ると、仕事帰りのビジネスマンがビール片手に談笑しています。

因にこの店のビールは一杯1,000円します。

中国バブルは未だに健在のようです。

ただただ無駄にビビったと言うお話でした。

世界情勢が不安定だからとか、あれが怖い、これが嫌だとばかり思っているとその思っている事を引き寄せてしまいます。

本当に世の中は平和で楽しいんだから。

そう思って過ごせば本当に思った通りの世界に引き込まれます!

心を軽く、身も軽く、世界中、何処でも行きたいところに行ってみましょう!

そこにも楽しい現実が待っていますよ!!

この人達は本当に完全に安心して、やりたい様に、楽しそうに旅をしますね!

重たい物は届けてもらおう!
<Amazonベストセラーのお酒>

 - 世界, 引き寄せの法則 , , ,