YUSUKE HOLY!!

∞: 氣になる私の木になる世界 :∞

2016年の日食は日本で見れる!時間は?場所は?

      2016/03/10

2015年は天体ショーの特に多い年でしたが、2016年も引き続き天体ショーが観測できます。

2016年日本の天体ショー
△ 2016年1月 4日 しぶんぎ座流星群極大
◎ 2016年3月9日 部分日食
○ 2016年5月31日 火星接近
○ 2016年8月12,13日 ペルセウス座流星群極大
△ 2016年10月22~ オリオン座流星群極大
△ 2016年11月18日 しし座流星群極大
△ 2016年12月13,14日 ふたご座流星群極大

中でも一番良く観測できる2016年3月9日の部分日食は今年一番おすすめの天体ショーになります。

日本で観測されるのは4年ぶりになります。下の写真の様に完全に隠れる皆既日食とは違い、
部分的に欠ける部分日食が観測できます。

ナサ皆既日食のJPGのティンサイン 金属看板 ポスター / Tin Sign Metal Poster of Nasa Total Solar Eclipse Jpg

スポンサードリンク

インドネシアが一番良く見える!

今年の日食がはインド~オーストラリア北部~日本~ハワイにかけての地域で見られます。
インドネシア、特にスマトラ島やジヤワ島では皆既日食が観測可能です。

皆既日食と言えば必ずパーティーがあります。
それはレイブと呼ばれるもので、主に森の中やビーチで行われる音楽イベントです。
大抵のレイブは数日間行われます。その為、観客は勿論ですが時には出演者もテントを持ち込み宿泊します。

私は2012年11月14日にオーストラリアのケアンズより北の砂漠の中で行われた、パーティーに行って来ました。
日食が始まると次第には辺が静まり返ります。
太陽の隠れた部分が大きくなるにつれ、犬が遠吠えを始めたり鳥達が騒ぎだします。
そして遂に太陽が完全に隠れると、人間も力の限り吠えます!すごい光景でした。
日食が終わると皆でありがとーを連呼し、ハグしあいます。

2009年7月に奄美大島で皆既日食のパーティーが開催されていましたね。

デラシネ06 ドキュメント・オブ・奄美皆既日食音楽祭 [DVD]

今回はインドネシアのスラウェシ島でECLIPSE FESTIVAL 2016 SULAWESI INDONESIAが開催されます。
期間は3月7日(月)から11日(金)の5日間わたり開催されるパーティーは、音楽、アート、そのほかのカルチャーを通じて今回の皆既日食を祝福するというもので。100名以上のDJ/アーティストが出演し、多様な音楽やアート、ワークショップが楽しめるようです。しかもステージが3つ以上となっています。
また、本フェス会場であるスラウェシ島は、肉眼でも完全な皆既日食が見られ、今回観測されるおよそ2分55秒もの長時間にわたる日食は、人類が経験するもっとも長い完全日食に部類するそうです。

素晴らしいですね。

日本で観測できるのは沖縄から北海道まで!

完全に皆既日食は見れなくとも部分日食も素敵です。今回は日本全土で観測できるそうです。
沖縄では最大で3割程度日食され、北海道では約1割程度です。

時間は沖縄の最大日食時間は10:29で、札幌の最大日食時間は11:18となります。
最大日食時間の前後1時間観測可能です。

ちなみに私の住む新潟県は11:08分が最大日食となっています。

日食ナビに各地の時間が書かれていますので、チェックしてみて下さい。

日食グラスを使って観測しよう!

太陽を直接見る事は大変危険です。
中にはより大きくはっきりと観測しようとして望遠鏡で覗く人が居るそうですが絶対にやめましょう。
失明の可能性が十分にあります。

サングラスをかけてみれば大丈夫?って思うでしょうがそれも危険です。
いくらオークリーだろうが、レイバンだろうが太陽を直接みるのはダメです!

日食グラスを使いましょう。

株式会社ワイシーエムコーポレーション SOLAR GLASS 日食グラス

こちらは紙製の日食グラスで1個480円です。この位の物で十分だとおもいますが、レンズによって色や見え方が違うので私はもう少し良いこちらの眼鏡を使おうと思っています。

時間だけみれば2時間と長いですが、その間は太陽が月に隠れている状態ですのでちょっと時間を作って太陽を覗き込めば日食は観測出来ます。
その際に目を痛めない様に日食グラスを用意しておきたいですね!日食グラスについて詳しく説明されているページはこちらです。

読んで頂き、本当にありがとうございました。

カナダ発!筋肉痛・関節痛のナチュラルケアクリーム
<ホリスタ セラドリンクリーム 関節炎用>

 - きになる商品の紹介, イベント, 宇宙 , , , , ,